人気ワード: サイトマップ

カテゴリー一覧

ネットワークソリューションインタフェースケーブルアクセサリー・電源三菱電機用サーボケーブル光ファイバケーブルファナック対応ケーブル電線・ケーブルソフトウェアPLANET Technology
    三菱電機製ケーブル型式対応表

      カタログ

        ケーブル選定

          スイッチングハブ選定

            ダイヤトレンド用語集

            営業日カレンダー

            2024年2月の定休日

            1 2 3
            4 5 6 7 8 9 10
            11 12 13 14 15 16 17
            18 19 20 21 22 23 24
            25 26 27 28 29

            2024年3月の定休日

            1 2
            3 4 5 6 7 8 9
            10 11 12 13 14 15 16
            17 18 19 20 21 22 23
            24 25 26 27 28 29 30
            31


ダイヤトレンド用語集

■頭文字から探す





ZIF
読み方:ジフ
フルスペル:Zero Insertion Force socket

ZIFとは、CPUの脱着を行うソケットの機構の1つです。
ソケットの脇に取り付けられたレバーの上げ下げによってCPUチップの脱着を行います。
CPUのピンの数は高性能なもので数百本あります。
これらをソケットに脱着する際、ピンが曲がったり装着が甘く接触不良を起こす場合があります。
ZIFソケットではレバー操作によってCPU脱着を確実に行いこれらの問題を防ぎます。
ZigBee
読み方:ジグビー

ZigBeeとは、短距離無線規格のことです。 Bluetoothと同種の技術で、データ転送速度は最高250kbpsで、最大伝送距離は30m、
1つのネットワークに最大で255台の機器を接続できます。
データ転送速度と最大伝送距離はBluetoothに劣りますが、アルカリ単3乾電池2本で約2年駆動するという低消費電力が
最大の特長です。
転送速度が遅くてもよい家電の遠隔制御等に応用される予定です。
データ転送速度は使用する無線周波数帯によって異なり、2.4GHzでは250kbps、
902~928MHzでは40kbps、868~870MHzでは20kbpsとなっています。
900MHz帯を用いたものは主にアメリカ向けの仕様、800MHz帯を用いたものは主にヨーロッパ向けの仕様になっており、
日本国内で利用できるのは電波法の関係から2.4GHz帯を用いた仕様のみです。
日本国内でZigBee機器を使用する際は、その機器の性能が特定無線設備として技術基準適合証明または工事設計認証により、
電波法で定められた技術基準を満たしている証明が必要です。
ZIP
読み方:ジップ

ZIPとは、画像や動画等のファイルの容量を小さくし、他のパソコンに送信したり、
記憶媒体に保存するときに利用するファイル圧縮形式の1つです。
世界で最も広く利用されており、日本ではWindowsの普及と共に広がりました。
通常は拡張子に「.zip」が使用され、対応ソフトにはWindowsのWinZip、WinRAR等があります。
ZIPファイルを実行するには解凍ソフトが必要ですが、自己解凍形式で解凍ソフトが必要ないものもあります。
自己解凍ファイルはWinZip等で作成することができ、WinZipをインストールしていないパソコンでもファイルを解凍し
実行することができます。