人気ワード: サイトマップ

カテゴリー一覧

ネットワークソリューションインタフェースケーブル三菱対応ACサーボケーブル光ファイバケーブルファナック対応ケーブル電線・ケーブルデータロガー電気自動車充電器産業用組み込みパソコンソフトウェアGeoVision製品Sixnet製品LigoWave製品ハイテクインター製品
  • HOME >
  • 三菱AC サーボSSCNETⅢ(/H)、ファナック対応 光ファイバケーブル DFC-PF07-RM

商品コード:

  • 即日発送
三菱AC サーボSSCNETⅢ(/H)、ファナック対応 光ファイバケーブル DFC-PF07-RM
カテゴリー: 三菱対応ACサーボケーブル > SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル 光ファイバケーブル > SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル ファナック対応ケーブル > ファナック対応 光ファイバケーブル
販売価格(税込)
5,864~14,731円
規格
数量
カゴに入れる

★選択肢にないケーブル長での製作可能です。

光ファイバケーブル (POFタイプ) 屋内用

三菱AC サーボ SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル
 SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応三菱モーションコントローラCPU、位置決めユニット、三菱ACサーボアンプMR-J4シリーズ、
 MR-J3シリーズ対応の光ファイバケーブルです。光ファイバを採用しているためノイズ耐性が高く、三菱ACサーボアンプ間
 や三菱モーションコントローラCPU ⇔ サーボアンプ間の接続が簡単で省配線化が可能です。

 光コードにコストパフォーマンスと柔軟性に優れたPOFを採用しています。
 三菱電機株式会社推奨部材を使用。(一部置き替え品)



FANUC シリアルサーボバス(FSSB)用 光ファイバケーブル
 ファナックCNC⇔サーボアンプ・スピンドルアンプ間接続用の光ファイバケーブルです。



【製品特長】
・光コードにPOF (Plastic Optical Fiber) を採用
・屋内用
・コネクタ : F07
・移動特性
 試験方法 : ケーブルに荷重を加え、両方向90度の繰り返し曲げを加えた時の光出力変動を測定
 (曲げ速度 : 60回/min、曲げ半径 : 15mm、荷重 : 2kg、繰り返し回数 : 4万回以上)
 試験結果 : 伝送損失増加 0.3dB以下
 ※試験結果であり、保証値ではありません(使用方法や環境等により性能は変わります)
 試験方法 : 曲げ半径200㎜から曲げ半径25㎜まで変化させた後、曲げ半径25㎜から曲げ半径200㎜まで変化させる
 これを繰り返した時の光出力変動を測定(繰り返し回数 : 700万回以上)
 試験結果 : 伝送損失増加 0.3dB以下
 ※試験結果であり、保証値ではありません(使用方法や環境等により性能は変わります)
・対応ケーブル長
 SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 : 1m、2m、3m、4m、5m、6m、7m、8m、9m、10m、15m、20m
 FANUC シリアルサーボバス(FSSB)用 : 1 ~ 10m
 ※ケーブル長が20mを超える場合は、H-PCFタイプ DFC-F07-RM(**M)をご使用ください。
 ※ケーブル長3mの場合、「DFC-PF07-RM(3M)」となります。
 ※ファナック対応光ファイバケーブルでの最長距離は組み合わせにより短くなる場合があります
  詳細については「FANUC 総合説明書(ハードウェア編)」をご参照ください
 ●三菱電機株式会社製SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢケーブル
  「MR-J3BUS5M-A」、「MR-J3BUS10M-A」、「MR-J3BUS20M-A」相当品
   三菱電機製ケーブル対応表はこちら


【構造図】


※ イメージ図. 製品はケーブル色<黒>、識別マーキング色<茶>です  

【仕様】
コネクタ F07コネクタ
光コード仕様 コア 材質 ポリメチルメタクリレート樹脂
外径 980±60μm
クラッド 材質 フッ素樹脂
外径 1000+60μm
外被 材質 ポリエチレン樹脂(黒)
外径 短径:2.2±0.7mm長径:4.4±0.1mm
光ケーブル
仕様
テンション
メンバ
材質 アラミド繊維
シース 材質 ポリ塩化ビニル樹脂(灰色)
外径 6.0±0.2mm
許容張力 注 非固定時 420N
固定時 -
許容曲げ半径 注 非固定時 -
固定時 40mm
許容側圧 注 非固定時 500N/50mm0.2dB
固定時 -
使用環境 -40℃~75℃、0~95%RH
※コネクタ部分を含みません
開口数 0.50
伝送損失 Lf:1km 190dB (λ=0.65μm、Ta=25℃)
Lf:ファイバ長(km)、Ta:周囲温度、λ(ラムダ):測定用光源の中心発光波長
注:布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
  また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください

関連商品