人気ワード: サイトマップ

カテゴリー一覧

ネットワーク機器インタフェースケーブル三菱対応ACサーボケーブル光ファイバケーブルファナック対応ケーブル電線・ケーブルデータロガーネットワークカメラ電気自動車充電器産業用組み込みパソコンボードソフトウェアGeoVision製品Sixnet製品LigoWave製品Siklu製品ハイテクインター製品
  • HOME >
  • 三菱AC サーボSSCNETⅢ(/H)、ファナック対応 光ファイバケーブル DFC-F07-CP

商品コード:

  • 即日発送
三菱AC サーボSSCNETⅢ(/H)、ファナック対応 光ファイバケーブル DFC-F07-CP
カテゴリー: 三菱対応ACサーボケーブル > SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル 光ファイバケーブル > SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル ファナック対応ケーブル > ファナック対応 光ファイバケーブル
販売価格(税込)
4,860~10,746円
規格
数量
カゴに入れる

★選択肢にないケーブル長での製作可能です。

光ファイバケーブル (H-PCFタイプ) 盤内用

三菱AC サーボ SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応 光ファイバケーブル
 SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応三菱モーションコントローラCPU、位置決めユニット、三菱ACサーボアンプMR-J4シリーズ、
 MR-J3シリーズ用の光ファイバケーブルです。
 光ファイバを採用しているためノイズ耐性が高く、三菱ACサーボアンプ間や三菱モーションコントローラCPU ⇔ サーボアンプ間の
 接続が簡単で省配線化が可能です。


 光コードにH-PCFを採用しているので、伝送損失が少なく(最少5dB/km)長距離伝送可能です。
 また、システムマージンを大きく確保でき、信頼性の高いシステムを実現します。

  MR-J4対応 電源ケーブル一覧      MR-J4対応 エンコーダケーブル一覧
  MR-J3対応 電源ケーブル一覧      MR-J3対応 エンコーダケーブル一覧


ファナックシリアルスピンドル・FANUC I/O Link・FANUC シリアルサーボバス(FSSB)
 ハイスピードシリアルバス(HSSB)用 光ファイバケーブル

 ファナックCNC⇔サーボアンプ・スピンドルアンプ間、ファナックCNC⇔I/Oユニット間接続用の光ファイバケーブルです。



【製品特長】
・光コードにH-PCF (Hard-Plastic Clad Fiber) を採用
・盤内用
・コネクタ : F07
・対応ケーブル長
 SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢ対応: 0.15m、0.3m、0.5m、1m、2m、3m、4m、5m、6m、7m、8m、 9m、10m
 シリアルスピンドル用:0.15 ~ 100m
 FANUC I/O Link 用:0.15 ~ 200m
 FANUC シリアルサーボバス(FSSB)用:1 ~ 50m
 ハイスピードシリアルバス(HSSB)用:0.15 ~ 100m
 ※ケーブル長3mの場合、「DFC-F07-CP(3M)」となります
 ※SSCNETⅢ/H対応 光ファイバケーブルとして使用する場合は100m以下でご使用ください
 ※ファナック対応光ファイバケーブルでの最長距離は組み合わせにより短くなる場合があります
  詳細については「FANUC 総合説明書(ハードウェア編)」をご参照ください
 ●三菱電機株式会社製SSCNETⅢ/H・SSCNETⅢケーブル対応型式 :
  「MR-J3BUS015M」、「MR-J3BUS03M」、「MR-J3BUS05M」、「MR-J3BUS1M」「MR-J3BUS3M」
   三菱電機製ケーブル対応表はこちら


【構造図】


※ イメージ図. 製品はケーブル色<黒>、識別マーキング色<白>です  

【仕様】

コネクタ F07コネクタ
コア 材質 石英ガラス
外径 200±5μm
クラッド 材質 フッ化アクリレート樹脂
外径 230+0-10μm
被覆 材質 フッ素系樹脂
外径 0.5±0.1mm
補強材 芳香族抗張力繊維
外被 材質 耐熱PVC(黒)
外径 2.2±0.2mm×2
許容張力 注 非固定時 147N
固定時 -
許容曲げ半径 注 非固定時 15mm
固定時 50mm
許容側圧 注 非固定時 980N/50mm
固定時 -
使用環境 -20℃~70℃、0~95%RH

※コネクタ部を含みません
開口数 0.40
伝送損失 0.1km以上 ≦Lf (7-4logLf)+1.5dB (λ=0.81μm、Ta=25℃)
0.1km未満 ≦2.6dB
Lf:ファイバ長(km)、Ta:周囲温度、λ(ラムダ):測定用光源の中心発光波長
注:布設後、コード/ケーブルに張力及び側圧が加わるような布設形態は避けてください
  また、布設後は許容曲げ半径を必ずお守りください

関連商品